1000通貨でのトラリピ(自動売買)はJASDAQ上場のマネースクウェアジャパン

2010年09月12日

千通貨手数料無料の会社

千通貨単位を手数料無料で取引できるFX会社を集めてみました。
一部のFX証券会社がレバレッジ規制により千通貨手数料無料を廃止する
ことを決め、今後同様の措置をとる会社も出てくるかもしれませんが
庶民にとっては千通貨取引手数料無料は必須ですので
下記のFX会社には今後も頑張ってくれることを願っています。

数字はドル/円のスプレッド参考値です。

FXブロードネット(ライトコース)・・・0.5銭
ヒロセ通商【LION FX】・・・1銭
FXプライム・・・2銭(固定スプレッド)
マネーパートナーズ(nano)・・・2銭(100通貨OK)


※2010/8/31現在、 千通貨単位取引手数料無料のFX業者は以上です。


千通貨取引手数料無料でないFX会社
下記に主な千通貨取引有料のFX会社をピックアップしました。
金額は千通貨取引時の往復(新規+決済)手数料です。

外為どっとコム(NEXT)・・・・100円(デイトレ50円)
セゾン外貨FX・・・・100円(デイトレ0円)
サイバーエージェントFX・・・60円(デイトレ30円)
MJ・・・60円
EMCOM証券「みんなのFX」・・・60円


千通貨単位手数料無料でない会社はコスト的に不利ですので
デイトレード等短期売買にはあまり向きません。
たとえば外為どっとコム(ネクスト)の場合往復手数料100円
すなわちスプレッド 10pips分に相当します。(クロス円の場合)
ドル円なら本来のスプレッド1pipsとあわせ、11pips分のスプレッドとなります。
トレードするとその度に手数料を取られますので、頻繁に取引するとデメリットが如実に現れます。
取引回数の比較的少ないスワップ派、スイング派、トラップ派など、
中・長期で保有する場合に限るのがよいでしょう。
posted by FX0.1枚さん at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX