1000通貨でのトラリピ(自動売買)はJASDAQ上場のマネースクウェアジャパン

2012年10月10日

1000通貨でFXするメリット〜低リスク

現在ほとんどのFX会社さんは1万通貨取引がデフォルトになっており、1000通貨を扱っているFX業者さんは増えてはきているもののまだまだ少ないのが現状です。
初心者の人は1000通貨でトレードができることも知らず、10000通貨から取引を始めてその値動きや資金の激しい増減に翻弄されて悲惨な結果を招いてしまうことも少なくないでしょう。
私もその一人でした。FXを始めてちょうど暴落相場と重なったこともあり1ヶ月足らずで100万円もの損失を被ってしまいました。あの時1000通貨の存在とメリットを知っていれば・・・と今でも後悔しきりです。
1000通貨のメリットはなんといっても低リスクなFX取引ができることです。初心者のうちは儲かることばかり考えてしまいがちですが、ハイリターン=ハイリスクであるのが原則ですから損失を被ったときのことも考えなければなりません。その点、1000通貨のリスクは10000通貨の十分の一。10万円損するところ1万円の損失で済みます。
また、1万通貨取引ですと1円動けば1万円の値動きになりますので1日で1-2万円の損失を被るケースが当たり前にあります。1万円というと一般庶民の日給に相当します。1日で日給分が吹っ飛ぶと、苦労して一日働いたのは一体なんだったのか、と絶望に打ちひしがれてしまう人もいるでしょう。一方1000通貨であれば1日1000-2000円の損失で済みますので、その程度であれば痛みはそれほど感じないでしょう。
現在、定期預金は高くても1%。100万円預けても1年で1万円です。FXでは1年で100万200万、1000万にしたという話をよく聞きますが、100万円を元手に1年で+100万円増やした場合、年利で100%です。1%を100%にする。そんな簡単な話があるでしょうか?FXで儲けようとする人々はその辺を勘違いしている人が多い気がします。
なんだかFXを否定しているような文面になってしまいましたが、要はできるだけローリターンを目指す、つまりローリスクを優先させるのが基本ではないかと思うのです。そういう意味で一般庶民にとっては1000通貨でトレードするのが最適であると思います。一日1000円の利益を狙っていく。たかが1000円と思われるかもしれませんが、FXがお休みの土日除いて1年で約260日、1000×260=26万円。元手100万円の場合+26万円で年利26%という計算になります。
posted by FX0.1枚さん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30180788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック